• ホーム
  • 新たな働き方を生み出すWeb

新たな働き方を生み出すWeb

2019年07月27日

最近では、Web通信やインターネットを使って様々な働き方が出てきました。特徴的なのはフリーランスであり、比較的自由に働けるという事でしょう。

まず、特徴的なのがリモートワークと呼ばれるものです。これはネット通信を基に、会社ではなく在宅で業務を行うというものです。会社以外の場所で業務をすることを指しますので、いわゆる旅行先や海外などでも業務を行える可能性が出てきています。
リモートワークの場合、会社ではなく様々な場所で働く事が出来ます。このため、フリーランスの人でも積極的に行っています。

もうひとつはインターネット通信によるモバイル環境の向上です。具体的にはスマートフォンでも仕事が出来ますし、ノートパソコンとモバイルインターネット回線により外でも仕事が出来るようになりました。このため、現場に直接向かってそのまま働いて直接家に帰り、会社への通勤機会はほとんど減らせるような事も出来るでしょう。

当然、ネットを使いますので地方の人でも就業機会が得られる可能性が高いのがメリットです。会社は地方にいる人でも業務をして貰えるので必要な能力のある人には長くいろいろな働き方を勧められるでしょう。一方、スキルがあるけれども通勤時間が極端に長いことが理由で会社に勤務できなかったりする地方の人でも、大手企業への就業機会を得られます。

その一方で、気をつけなくてはならないことも少なくありません。
その一つが自己管理能力です。リモートワークの場合、在宅仕事を行う事を想定している企業がまだまだ多いのが基本ですので、仕事を自分で行う事を考えなくてはなりません。自分がしっかり仕事をこなせるように管理していくことが必要ですので、自己管理能力はかなり重要です。

もう一つは収入の確保です。特にフリーランスの人はどうしても地方在住になると収入が減るなどのデメリットもあるため、しっかり考えなくてはなりません。特に収入を得る事やそのための就業機会を減らさないこと、技術職であれば特に就業環境や勤務環境、新しい知識や技術を得るための機会を減らさないことが重要です。

在宅勤務は今後も魅力的な働き方のひとつとして、注目度が高くなってきています。通勤時間が不要でパソコンさえあればいろいろなところで働けるため、在宅勤務は比較的重要度合いの高い就業スタイルといえるでしょう。子供がいるママエンジニアやクリエイター、距離的なハンディのある人に対しても魅力があるとされています。