公開履歴
パソコンを使う女性

インターネットそのものはとても広く、様々な業界の中でもかなり個性的です。実は最近ではアプリケーション、特にスマートフォンのアプリ業界とも並んで比較的先進的な業界として知られています。業界規模も年々増加しています。
とはいえ、インターネット業界といっても一口にその業界を伝えることはできません。平たく言えばIT業界のひとつなのですが、実際は通販やサービスなどの様々な業界を複合的に組み合わせてあります。

ひとつはインターネット回線やインターネットサービスそのものを提供する企業で、基本的にネット通信そのものを行う企業を指します。具体的にはNTTやドコモ、ソフトバンク、auなどの通信サービスを提供する企業がこれに当てはまるでしょう。

もう一つはネット上の様々なサービスを提供する業界ですが、これも広くいろいろな業界があります。ネット上のサービスに特化しているサービスであれば、GoogleやYahoo!が評判でしょう。Googleは検索サービスを始め、メールやSNSなどを提供しており、多くのサービスを使う事が出来ます。上昇基調にあり、ロボットや様々な分野に参加しています。
一方Yahoo!は情報を多く扱う事が出来て、検索もできますがさらにいろんな情報を提供するサービスを中心にしています。

ネット通販業界もインターネット業界のひとつで、楽天やAmazonなどが当てはまるでしょう。これらはインターネットの業界規模が広くなるにつれて多くの人たちが参加するようになり、世界的な情報通信や運輸技術の向上によって広く世界的に活用されています。
楽天については日本国内のみという意見もありますが、最近では海外への参加も積極的に行う傾向が強くなりました。Amazonの場合は最初から世界を見据えている一方で、日本国内でもいろいろな物品販売サービスを広く提供しています。

そのほかネットサービスの普及という観点からすれば、SNS業界も業界規模が大きな業界として知られているでしょう。いわゆるFacebookやTwitterなどのSNS業界は、広くいろいろな人が参加する業界として知られています。中には個人で参加する人や、個人でインターネット上で何かをやるために行っている人も少なくありません。

今後もネットサービスは広く普及するため、様々な形での拡大が期待できます。クリエイティブなサービスが出来たり、世の中がより良くなるためのサービスが出来る可能性も少なくありません。業界規模は今後も広くなるでしょう。
特に拡大基調にあるのが、SNSやITサービス界隈です。こういったところは株価や企業価値も上昇しており、比較的拡大傾向にあると考えて構いません。